WordPressでアフィリエイトブログをやるなら有料テーマのStorkを使え!

設備投資の重要性を改めて思い知りました。
Storkのデザイン性の高さは、ブログ運営における一つの武器です。

この記事では、
収益化を図ろうとブログを始めた方や
ブログを初めてみたが見た目がしっくりこない!

という方に向けて、
WordPressのテーマ「Stork」を実際に使ってみて
良かった点や良くなかった点をご紹介します。

WordPress テーマ 『OpenCage Stork』

本日皆さんに知ってほしいテーマがこちらです。
「誰もが簡単に美しいデザインのサイトを」『OpenCage Stork』

この記事を見てくれている方の中でも、
ブログ始めたての方や、まだ始めていない方は、
ブログって難しいんだろうなぁ…とか、
稼ぐなんてできるのかなぁ…ってお考えだと思います。

初めて少し経ってきたぐらいの方は、デザインってどうすれば?とか
SEO対策って具体的にどうすんの?みたいな絶望感に満ち溢れていることかと思いますが、

OpenCage社のStorkを活用して、解決に向けて進んでいきましょう。
以下に、Storkの特徴を紹介します。

究極のモバイルファースト『Stork』を見てみる

OpenCageの特徴

OpenCageさんでは、現在4つのテーマを扱っています。

  • シンプルイズベスト!機能美が光る「Swallow」
  • 徹底したモバイルファースト!現代向け「Stork」
  • ここはアピールしたい!アニメーションも活用「Humming Bird」
  • 誰が使っても美しい!幅広く活用できる「Albatros」

今回紹介しているのは、2番目にある「Stork(ストーク)」です。
私のブログでもそうなのですが、やはり現代において
スマホからの閲覧が圧倒的に多いです。
※モバイルファースト:スマホ特化デザインだと思ってください。

大体のスマホは、PCと比べて通信速度が控えめになってしまいます。

実際にページ表示速度については、
ユーザーは次のページが表示されるのは3秒までが限界で、5秒経つと離脱率が跳ね上がると言われています。

※こんなイメージ。

そのため、モバイルファーストなストークをオススメしております。

ちなみにストークにしたからといって、PCやタブレットで見たとき、
変になってるとかはもちろんありませんよ!

有料テーマと無料テーマの違い

これについては、SEO対策の度合いやデザインの完成度の違いがあると言えます。

初心者の方はこれだけで十分助かると思いますし、
こだわりを持ちたい!と思った時でも、
機能がたくさんあるため、デザインなどを編集して、
自由自在に機能性を高めることが可能です。

因みに先にも言った通り、このブログはストークをベースにしていますが、
PC版とスマホ版で見た目を変更できたり、痒いところに手が届く設計、かつ、
かなりの高品質であることがお分かりいただけるかと思います。

何故初心者こそ買うべきなの?

ブログでお金を稼ぎたい!と皆さん考えているとおもいますが、
ブログでの収益を実現しようと思った時、大まかに以下の3点について詳しくなる必要があります。

  • SEO対策
  • デザイン
  • ライティング

ですが、ストークを導入することで、デザインについては既に説明した通り良いものになっていて、
SEO対策のためのコンテンツも盛り込まれた状態が提供されます。

つまり、これら3点のうちのライティング以外、
SEO対策とデザインについてはストークを活用することで一定水準を担保できる状態になります。

あなたはデザインなどの学習をする時間を省き、
記事を書くことに集中できるというわけです。

(もちろん後々で勉強は進めた方が良いですけどね!)

『Stork』のデザインを見てみる

OpenCageのいいところ・気になるところ

いいところ

圧倒的なデザイン性

これに尽きると思います。
皆さんもそうだと思いますが、何かを知りたくてGoogleなどで調べ物をした時、
”見辛いサイト”だった場合、思わず見るのをやめちゃいませんか?

見辛いサイトでも見るよ!という方も、見やすいに越したことはないですから、
デザインにこだわっているというのは一つの強みであると言えます。

基本的にカスタマイズ要らず

そもそも有料版なわけですから、完成度が非常に高いです。
設定などを好みに変えることはもちろんできますが、ほとんどいじらない状態でも見やすくて分かりやすい。

無料版はある程度カスタマイズをかけることが前提にありますが、
有料版はそれがなく、とても使い勝手が良いんですよね。

PC版・スマホ版に異なる設定を適用できる。

これ、無料版だとなかなか味わえない設定です。
基本的にカスタマイズ要らずと紹介はしましたが、こだわりたい方ももちろんいらっしゃいますよね。

そんな方向けに、PC版では画像なども大きく見せたい!でもスマホは画面小さいから、工夫が必要だよなぁ。なんて時に、
デフォルトで(コード書いたりする必要なく)設定を分けられるので、すごく使いやすいです。

※実際の設定画面です。

気になるところ

SEO対策に特化しているわけではない

SEO対策に特化!というテーマは多数ありますが、Storkでは少なくともそれをアピールする内容は公式ページからは分かりません。

ただ、WordPressにはSEO対策特化のプラグインがありまして、OpenCage社においてもそれのインストールを勧めており、
使用方法などについても、説明してくれているページがあります。

ある程度のSEOができれば、一定量の流入を獲得することはできまして、それはプラグインを使用するレベルでも実現します。
ただそれで、見られる機会が増えたとしても、デザインが見辛いとか表示が遅いとかの理由で離脱されるサイトは、
結果的に収益を上げることはできません。

そのため、まずはデザイン性に特化したテンプレートを活用し、記事を書くことに集中し、
SEOの理解を深めつつ記事の質を向上させていく。という手法が大いに良いです。

記事の書き方などについては、こちらの記事で紹介しました。
初心者ブロガー必見!BlogHacksで20万円稼げる3つの根拠

まとめ

少し長くなってしまいましたね。
要点をまとめてみると、こんな感じです。

  • 初心者の方こそ、WordPressテーマにこだわるのが良い。
  • 何故なら、有料テーマが実現するデザイン性の高さがカスタマイズの時間などを短縮してくれる。
  • そしてカスタマイズなどに割く勉強時間が短縮されるので、記事を書くことに集中できる!
  • スマホユーザーが多い世の中、モバイルファーストが強い。
  • PC版とスマホ版に異なる設定ができる!ベストな設定でユーザー離脱を防げる!

有料テーマにはなりますが、デザインやSEOを一旦置いておくことができることで最初のハードルを短縮できます。
そしてそれは記事を書くことに集中させてくれ、私たちのブロガーライフをより良いものにしてくれます。

圧倒的なデザイン性の恩恵を受けながら、どんどん収益を伸ばしていきましょう!

究極のモバイルファースト『Stork』を見に行く

それでは。

28 件のコメント