Webプログラミングでの収益化を実現するために活用した学習サイト3選!

どうもこんばんは!うっちー(@_MasUchida)です。

プログラミング学習を開始してはや半年…
フリーとしてプログラミング案件を受注することに成功しました!

その詳細はこちらに書きました!

ランサーズを始めて早1ヶ月。その驚くべき成果とは?実現するための策教えます!

2019-01-30

プログラミングの右も左もわからないよ!って方に向けて、
こちらの記事にもまとめている「学習方法」をより噛み砕いた内容になっています。

この記事のターゲット
  • プログラミングを活用した収益化を実現したい方
  • プログラミングに興味はあるけど勉強方法が分からないって方
  • IT業界に就業しているが、開発サイドへの転向を検討している方

THE・文系卒であり、仕事は営業職しか経験していない、
そんな僕がランサーズでWeb開発案件を受注するに至った
学習のロードマップをここに紹介します。

この記事で紹介するものはWeb開発の学習経路になりますのでご注意ください!

第一弾!Progateで基礎学習

Progateは初級編ですね。

やはりまずは基礎学習です。
HTML?CSS?なにそれおいしいの?という状態を脱却しましょう。

Progateの特徴やキャンペーンなどについては
こちらの記事にまとめました!

1から始めるプログラミング!初心者の勉強はまずProgateが捗る!

2018-11-22

この記事では僕がどのように活用してきたかを紹介しますので、
その説明に必要な機能たちは説明していきます。

まず簡単に説明すると、Progateというサービスは、今流行りの動画ではなく、
パワポのようなスライド形式での講義を展開しています。

※実際の学習スライド

また、ブラウザ内に開発環境が用意されているため、
PCブラウザ上で誰でも開発を始めることが可能です。

※実際の画面

先ほどの画面を解説していくと、

左側:演習課題内容
中央:開発画面(コードをここに書いていきます。)
右上:正答・見本
右下:自分のコードがどう動くかのプレビュー

こんな感じで画面が構成されています。

これらを活用するProgateの
実際の学習の流れはこんな感じになります。

以下では僕がどのように活用してきたかを紹介します。

プログラミングの学習を始めた当初は、
プログラミングのプの字も知らないような感じだったので、
本当に初歩的なサービスが必要でした。

そこで出会ったのがこのProgateだったんですが、
結論を言うと、とても感謝しています。

初学者に寄り添うサービスとして、かなり洗練されたものだと感じています。

というのも、先ほどのスライドで手取り足取り教えてもらえるので、つまずきづらいです。
その上で、答え合わせモードもあるので、つまずきようがないという状態です。

プログラミングを行う上で初心者がつまずきがちなのが、
環境構築」と呼ばれるものです。

例えば料理で例えると、料理の手順を知っていても、
具材を手元に用意しないと料理は作れませんよね?

この「具材を手元に用意する」というのが環境構築です。

思いの外これがつまずきポイントなんですが、
Progateでは、この環境構築を完全に排除してあるので、
ユーザーはコードを書くことに集中できると言うわけです。

無料で利用することができますが、
有料会員でも月額1,000円で無制限活用ができるので、
有料会員になることを強くオススメします!

なぜかと言うと…!

いわゆるインフルエンサーの方などは、
自己投資は恐れずやれ!みたいに言いますよね。

個人的には同意なんですが、意識の低い僕からすると、
単純にお金を支払うことで自分を勢い付けるってイメージです。

お金を出したからにはやらないと損!みたいに
自分を追い込まないと動き出せないタイプなので…笑

いずれにせよProgate、圧倒的に初学者にオススメです!

Progateで得たこと
HTMLなどの基本的な記述方法を理解できた
学習を進められるのでモチベが上がる

僕はこのProgateでHTML,CSS,PHPを2周程度やりましたが、
これは習熟度に応じて1周でも良いですし、
不安であれば3周しましょう!

Progateを見てみる!

第二弾!Udemyで基礎応用

Progateの次はUdemyでした。

動画教材サイトとして、最大手といえるレベルだと思います。

イラストや事業計画、楽器演奏などもあり、扱うジャンルは多種多様なのですが、
今回はプログラミングに焦点を絞ります。

Udemyは外部の講師が動画教材を作り、それを掲載するサイトです。

僕はその中から内容としては近しい日本語の教材を選び3つ購入し、
それをひたすら実践する形で学習を進めました。

これにより得られた経験は、こんな感じです。

Udemyで得たこと
  • 近しい内容でも人によってやり方が違うことがあるということ
  • 動画教材なので通勤中でも勉強できる
  • トラブルシューティングを自分で実践できる

プログラミングって、何かしらプログラムを作る(結果)為に
コードを書くという過程を歩むんですが、書く内容は人によって違うことがあります。

そう、同じ結果を得たい場合でも、違う過程を歩む場合があるんです。
これによりやり方の幅広さを知れるのと、応用力が身についていきます。

また、Udemyでは、教材を見ながら自分で作っていくスタイルになるので、
環境構築を自分で行う必要があります。

ここでしっかりつまずきながら克服していくことで、
問題解決力が身につきます

Udemyではよくセールをやっていますので、
そのタイミングで購入すると良いです!

90%OFFなどのセールもあるので、マメにチェックすると良いですね!

Udemyを見てみる!

開発編!Techpitでアプリ開発!

いよいよ実践編です!
TechpitではWebアプリを作るための教材が揃っています。

しかもインスタグラムとかTrelloとか、
よく知られているアプリに似せたものを作ることができるので、
これが単純に楽しかったです。

丁寧な教材ではありますが、環境構築を自分で行う必要があるため、
しっかりとつまずきながら進めていけました。

また、だいたいの教材は最終的にネットに公開できるような
手順になっていますので、制作物の公開方法も知ることができます。

つまりポートフォリオ第一弾の完成です!

教材通りでは流石にアレですが、この教材にプラスで
機能追加などしていくと理想的です。

この教材を一通りこなした後には、
これをやりたい時にはこれを書く!
と調べながらでも察しが付くレベルになっていれば、もう完璧です。

作った勢いのまま機能追加をしちゃいましょう!

実際にこのやり方は、公式からも理想の使い方とされているようで、
公式の方とこんなやり取りがありました。

https://twitter.com/techpit_jp/status/1091686173414584320?s=20

https://twitter.com/_MasUchida/status/1091691467460861952?s=20

https://twitter.com/techpit_jp/status/1091694302294503425?s=20

僕がランサーズから案件を受注できるに至った、
きっかけの一つがここで製作したアプリでした!

実際に開発案件を獲得する!ということに至るプロセス的なのを、
Techpit公式さんからインタビューを受けまとめました!

ポートフォリオにTechpit Marketを活用したうっちーさんは、いかにして副業を勝ち取ったのか

Techpitで得たこと
  • 実際に世にあるアプリがどのような機構なのかをイメージできるようになる
  • アプリの公開方法を教えてもらいつつポートフォリオを作れる

世間的なアプリの挙動のイメージが掴めるため、
その後、独学を進めるにしても、とても参考になりますよ!

Techpitを見てみる!

学習ロードマップまとめ

以上、僕がプログラミングを収益化するにあたって
通ってきた道のりです。

プログラミングは需要も高いので、プログラミングスキルは
身につけておいて、決して損しません。

ただ、プログラミングを実務化させていくには、
とにかくコードを書くことがとにかく重要です。

書いて書いてバグ出して、ひたすらに解決していく。

最初はこれが大事です。
やりながらどんどん理解していきましょう。

やりながら理解していくスタンスを支援してくれるのが、
今回紹介したものです。

さっき紹介したTechpitさんからのインタビューでも、
やりながら理解していくのが良い!って話をしています!

もちろんコレ以外にもサイトはありますが、色々使ってきて少なからず結果が出せたので、
それを厳選してまとめたものが本記事となっています。

是非これらを参考に、ご自身のスキルを高めていってほしいと思います。

Progateを見てみる!
Udemyを見てみる!
Techpitを見てみる!

プログラミング学習のためのサイト、関連記事

ランサーズを始めて早1ヶ月。その驚くべき成果とは?実現するための策教えます!

2019-01-30