【ピアノ初心者にオススメ】コンサート映えする練習曲5選

どうもこんばんは。うっちーです。

本日は、ピアノ独学・初級者向けの練習曲を紹介します。

初級者向けの曲たちの中でも、派手だったり、少し動きが多かったりなど、
練習ポイントがある曲をチョイスしますので、
弾き甲斐があるかと思います。

レッスン通っている方で発表会などある方は、そこで
この曲のいずれかを弾いてみても良いと思いますよ。

では以下に紹介していきましょう。

バッハ メヌエット ト長調

英訳 – JS.Bach Menuett BWV Anh.114
(参考動画)メヌエット ト長調 (J.S.Bach) Menuett BWV Anh.114 横内愛弓

有名な曲だと思います。
ピアノ弾いたことない人の中でも、聞いたことはあるという人が多いので、
演奏した時にリアクションをもらいやすい曲ですね。

【練習ポイント】
・指の動きはシンプルで弾きやすい
・テンポが緩やかなので、鍵盤と譜面を交互に見ながら弾く練習をしやすい

バッハ 平均律クラヴィーア 1巻 第1番 ハ長調

英訳 – JS.Bach BWV.846 Prelude & Fuga
(参考動画)平均律クラヴィーア 1巻 第1番 ハ長調 BWV.846 Prelude & Fuga

雰囲気が他の曲とは少し違うと思いますが、
これは伴奏曲というものです。

実際にチェロなどの楽器と合わせて弾くことも多い曲です。

【練習ポイント】
・曲調として同じ雰囲気が続くので、抑揚を強く意識しましょう
・伴奏曲なので、主旋律のみの音源と一緒に練習するのも良し!

ブルグミュラー バラード

英訳 – Burgmuller Ballade
(参考動画)ブルグミュラー 25の練習曲より バラード

誰もが知ってる曲ではないかもしれませんが、
イントロからしてかっこいい曲です。

曲自体も結構展開があるので、練習してて飽きづらいと思います。

【練習ポイント】
・左手がメロディーを持つことが多いので、左右の音量バランスの練習になる
・曲展開がしっかりあるので、抑揚を意識すると良くなります!

モーツァルト ピアノソナタ ハ長調

英訳 – Mozart Piano Sonata K.545
(参考動画)モーツァルト ピアノソナタ Sonata K 545

ピアノを練習している方は、一回は聞いたことあるのではないでしょうか。
これはまさしく、コンサート映えする曲だと思います。

【練習ポイント】
・右手と左手でメロディーが入れ替わるので、メロディーを持ってる手がどちらか意識しましょう!
・1オクターブ程度の音程をすばらく上下する箇所もあるので、指の動きも滑らかに意識!

モーツァルト トルコ行進曲

英訳 – Mozart Piano Sonata No.11 in A major
(参考動画)トルコ行進曲 ピアノソナタ K.331 3楽章 (モーツァルト) 横内愛弓

今回紹介する中では、比較的、難易度が高いと思います。

旋律も非常にメロディアスで抑揚もあるため、
そこを抑えてしっかり弾けると、ガチかっこいい!と思います。

【練習ポイント】
・全体のテンポやメロディーも早く、指を動かす練習になる
・1オクターブを連発ですばらく弾く箇所もあり、鍵盤を掴む練習になる


コンサート映えする練習曲たちを5つ、紹介してきました。
練習ポイントも意識しながら弾くと、効果が高まると思います。

基本的には、上から順にどんどん難しくなるような並びにしたので、
何をやろうか?という方は、上から順にやってみると良いと思います。

それでは。

62 件のコメント