プログラミングはまずここから! エンジニア志望はまずこれをやってみよう。

どうもこんばんは。うっちーです。

さて今回は、ITエンジニアを志す方向けの思考法・行動方のご紹介です。

最近、IT業界がアツいですよね。
フリーランスで自由にお金を稼ぐとか、
IT技術で手に職をつけるとか、
魅力的な世界に見えます。

かく言う私も、いわゆるエンジニアとして活躍できるよう、
勉強をしている最中ではあります。

ただ勉強をしていたって、それだけで採用されたりするほど、
甘いものでもないと言うのが、事実のようです。

ましてや、勉強はまだしてないけど、
エンジニアとしてやってきたいんですよね〜と言うのは、
ますます難しいことだと思います。

じゃあどうしたらいいの?
そんな方の参考になればと思っています。

先ずは基礎文法を理解しよう。

基礎文法って?
これは非エンジニアの私としては定義が難しい気もしますが、
ProgateやCODEPREP、SkillHacksなどが良いですね。
有名なオンライン教材を使ってみるのが良いです。

有名なオンライン教材に的を絞るのは、知識の共有やわからないことを周囲に聞く、
ということのハードルが大きく下がるからです。

ツイッターなどでハッシュタグ(#)付けて発信するだけで、
何かしらレスポンスを得られます。

IT初学者において、一番の壁は
独学で進めるパターンだと思います。

それを解決するために、有名なオンライン教材を用いて、一定の学習を進めましょう。

・有名なオンライン教材を使ってみる。
・独学回避のため、ツイッターなどで分からないことを聞いてみる

何か作ってみよう。

ここがハードル高いのですが、強く意識して欲しいと思うのは、
先ずは需要を考えない。これが大事です。

これって使ってもらえるかな?これってウケるかな?とかを考え出すとドツボにはまります。
そもそも、それが分からなくて何を勉強したらいいのか?含め苦労していたはずですから。

なので一旦の目標として、需要などは忘れて、
自分があったら嬉しいと思うもの。このレベル感でいきましょう。

タスク管理ツールでも良いでしょう、メモアプリでも良いです。
GoogleSpreadSheetの情報連携スクリプトを組みましたもいいです。
ExcelVBAを活用したプログラム組んでみましたでも良いです。
つまり何でも良いですが、一度決めたものに対しては、一度突っ走ってください。

初学者のうちは特にそうなのですが、
あれやろう、これもやろう。となりがちです。

なので、一度やり切ってみて、そこから向き不向きなども含め
判断するようにしましょう。

・需要を考えずとにかく作ってみよう。
・自分があったら嬉しいと思えるものだと、なお良い。
・一度目標を立てたら、一旦はそれだけで突っ走ってみる。

公開してみよう。

それができたら、ツイッターでもブログでも、周囲の友達にでも会社の人にでも何でも良いです。
公開してみてください。

こんなのできたよ!どや!でも良いですし、
作ってみたので、レビューお願いしますでも良いです。
スタンスは皆様にお任せしますが、
作ってみたものを第三者に見てもらってください。

その時、出来るだけその分野に詳しい人に見てもらえると最高です。
Webアプリならそれがわかるひと、ネイティブならそれがわかる人、
デザインを見て欲しければ、デザイナーに見てもらいましょう。

単純にわかってる人に見てもらう方がいいに決まってるじゃんって話なんですが、
これは、その人が経験するために積んだ時間をあっという間に吸収するために必要な手段です。

話の中でその人ならではの視点が出てくることもあるでしょう。
自分では気付けなかったことを指摘してもらえることもあるでしょう。
どんな経験も、貴方の糧になります。

人に見せてみるって意外と度胸のいることなんですが、
やってみた結果で得られるものは、非常に有意義なものになります。

・誰でも良いので、作ったものを見せてみましょう。
・その分野に詳しい人に見てもらえると最高です。
・様々な指摘が得られます。それを糧に更なる努力を重ねましょう。

ハードルの高そうな話に聞こえましたか?
それとも、余裕じゃん!って思いましたか?

何れにせよ、行動することが大切です。
これを見た方の中でも、その上でも行動に移せない方が大半だと思います。

つまり、行動できるという方は、それだけで一歩先を歩めています。
自信を持って、行動を続けていってください。

得られた成果で収入上げて、生活を豊かにしていきましょう。
私もますます頑張ります。

それでは。

49 件のコメント

  • buy chloroquine

    プログラミングはまずここから! エンジニア志望はまずこれをやってみよう。